国道36号線の過去のルート『旧道』をご存知ですか?

国道36号線と言えば現在も有数の交通量を誇る道路ですが、
シリーズ『北広島』でも触れてきた通り、有数の歴史を誇る道でもあります。
札幌越新道は、その後、札幌本道室蘭街道から国道36号線と姿を変えていく訳ですが、その過程でそのルートを変えていく事になります。

これは有名な話で、郷土史に詳しい方や古くから札幌に住んでいる方には衆知の事実ですが、若い方に関しては、不動産に携わる人であってもご存じではない方が多いようです。

私自身も4年ほど前に不動産調査でこれを知るまでは、漠然と現在のルートで通っていたものと思い込んでいました。

これがどのようなルートを通っているのか、という話は比較的有名な話で、そこまでもったいぶる必要もありませんから、まずは全体像から見てみましょう。

昭和22年、戦後に米軍が撮影し、国土地理院が管理する航空写真で『USA-M528-58』という番号で管理されているものに手を加えた画像がこれです。

赤い線が当時の室蘭街道のルートです。
ちなみに国道36号線というのは昭和27年、戦後の新道路法によるものです。
この写真の左上は現在の『ヤマダ電機清田店』(昔のダイエー清田店)で、右下は北広島市の輪厚元町・希望ヶ丘の辺りです。

これだけでは分かりづらいでしょうから、現在の地図における所在を見てみましょう。
この道は旧国道、旧道などと呼ばれ、桜の名所としても知られています。

で、写真を載せて行きたいのですが、珍しくどこにデータを保存したのか忘れてしまったので、ストリートビューから拾っていきましょう。

市内で自動車移動が多い方には馴染み深い風景だと思いますが、札幌ドームを含む羊ケ丘が右手で、それが終わるくらいの処に『金星自動車㈱』があります。
具体的な住所としては『清田区北野1条1丁目9−1』ですが、この分かれ道が旧道への入り口となります。
ここからぐねぐねと屈曲した道を進んで『札幌整形循環器病院』『ヤマダ電機清田店』『北海道コカ・コーラボトリング㈱』などの間を通ってゆくと、清田のランドマーク、『西友清田店』『清田区役所』の裏手を通ります。

で、ここから住宅街とも商業地とも言えないエリアを進んでいくと、『清田区美しが丘1条8丁目/里塚2条6丁目』大規模な中古車販売店である『カートピアジャンボ』の前で現・国道36号線と合流します。

自動車移動の方は反対側から見た方がなじみ深いかもしれませんね。

・・・と、まぁ随分粗い紹介でしたが、これが室蘭街道の旧ルートです。
いや、だって、この旧道の話ってあまりに多く紹介されていて改めて私が照会するモチベーションが上がらなかったのです。
しかも、自分で撮影した写真を紛失してしまって更にモチベーションが下がり・・・
じゃあ書くな、という話なのですが、国道36号線の旧道についてはたくさん紹介されるだけあって、色々な話の起点となってくる為、紹介しない訳にもゆかず・・・

で、改めて色々調べ直していたら昨年9月に札幌市清田区がYouTubeで旧道についての動画を公開している事が分かりました。

税金が使われていることもあって地図や写真の資料が充実していて、完成度の高い動画であると思います。
しかし、公開から1年近い本日、平成30年8月27日時点で再生数165回と非常に拙い。
勿論、元が郷土資料館のコンテンツで小学校の地域学習なども使える教材でしょうから税金の無駄使いとは言いませんが、少し寂しい物がありますね。

前後編で20分程度なので良い機会ですから、このブログをご覧の方に、是非ご覧頂ければと思います。

 

2 Replies to “国道36号線の過去のルート『旧道』をご存知ですか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です